映画・テレビ

2019年5月 3日 (金)

空がちい~っと高く・・・?

とある時代劇での一コマである。
花魁が身請けされて廓の大門をくぐった時の一言「空がちい~っと高うなりんした」と。

自分はこれまで2・3千メートルの山を何回となく登ってきたものだが、空はあくまでも高く、近づいたと感じたことは一度もなかった。

花魁のあのしみじみとした一言は、一見艶やかで華やかそうな廓での生活が、どれ程みじめで悲しみに満ちたものであったのかを物語っているようであった。
それがあの花魁独特の高下駄を脱いで草履に履き替え、廓の大門をくぐって娑婆に出たときの安心感や幸福感があの一言となって表れたものだろう。

ドラマを見ていた自分もふっと肩の力が抜けるのを感じた。

2019年4月27日 (土)

三陸鉄道リアス線

3月24日にも全線開通のニュースを得てこのスレを書いた。

今日、鉄道写真家でゆる鉄の中井精也氏の「てつたび」を見た。
そこには、準備に奔走した人々や鉄道再開に沸く地元の方々の喜びの表情が描かれていた。
一方では、鉄道と海岸線、早春の響き、人々のはじける笑顔などを中井精也氏が遠慮なく写真に切り取っていた。
「うまいなぁ~」😃
プロのすばらしさに改めて感じ入った次第である。

だけど、前スレでも書いた向後の憂いは、まだぬぐい切れていない。

三鉄そして地域の方々に「幸せあれ」と願う。

 

2019年3月 8日 (金)

ボヘミアンラプソディ

一昨日、ウォーキングの途中でトーホーシネマズの前を通ったら「ボヘミアンラプソディ」が翌日で終わりとあった。
QUEENの曲はHDDに何枚か保存されている。
フレディの物語を描いたのが先日のアカデミー賞を受賞したとかで話題になっていることは知っていた。
けど、本人はもちろんのこと、メイやロジャーが出るわけでもないのであまり興味はなかった。
が、最近はヘッドホンで聴いてるだけなのでスピーカーからの大きな音に飢えていたせいか心が動かされ、それを映画館のいわばスーパーサウンドに求めたくなったのかも・・・。
どうせ映画そのものは@からWOWOWで見られるからと思っていたんだけどね。
シニア割のチケット代1000円と開演が11時45分からと微妙な時間帯だったので、ホットドッグとノンカロリーのコーク代850円なりを大奮発して館内へ。
.
英語はしゃべれないから字幕にたよるのだけれど、フレディの知識はある程度頭にあったので殆どの部分は目を閉じていたのだけれど、それても場面場面での言葉は理解はできたような気がする。
全体的には、アカデミー賞の一端を感じるところはあったけれど自分的にはイマイチという感じだった。
音に集中できた分の満足感は残った。
.
つぎはWOWOWで・・・。( ̄ー ̄)ニヤリ

2019年2月25日 (月)

良い加減にせんか!!

「良い加減・・・」は時分への𠮟責である。
自分の失念が招いた失敗である。
.
カミさんのTVにはHDMIの入力端子が一個しかなかったのを見逃していた。
ブルーレイプレイヤーにその一戸を割り当てていたので、VCRはフレキシブルケーブルで繋いでいたのだ。
ブルーレイディスクは新しいレコーダーで再生すれば問題はないのだが、せっかくのプレイヤーが余分なものになってしまうのだ。
,
自分用のテレビはディーガとソニーのブルーレイ用で端子はいっぱいいの状態。
ソニーのやつは3チャンネル目のデッキと、ソニーのビデオカメラのブルーレイディスク作成用として今や貴重な存在だ。
.
ま、今更しゃぁないので、プレイヤーは中古のままで保存しておくか、ソニーのをフレキシブルかGBRのコードで我慢してプレイヤーを生かすか、ゆっくり考えながらやることにした。

2013年2月 3日 (日)

狂乱!?のフジテレビ

フジテレビの視聴率が軒並み下がっているという。

どうしてなのか俺には分からん。

ただ、一つ言えることがある。
「競馬中継」での話だ。

ふつう、パドックでは、よほどのことがない限り、各馬の場体重から人気、その日の状態を紹介するのが常だ。てか、当たり前のことだ。

それが、井崎脩五郎のわけのわからん挌言とかに時間を使い果たし、パドックはそっちのけなのである。
わずかに細江氏が1・2番人気の馬の状態をボソッと言うぐらいなのである。

馬の人気、データ、体重はパソコンなどで見ればわかることである。
が、こと馬の毛ヅヤとかホヨウなどは直接見て見ないとわからない。それを見ながら自分の思ってる馬を見極めてファンは投票するわけである。
そのためにパドックがあるのだ。

それを無視している。
テーマ曲を小室ヒトシに依頼して変えたという。
そんなんで視聴率アップを図ろうとしている。
何を考えているのかわからん。やってることが支離滅裂で迷惑この上ない限りだ。

できないなら他曲へ譲るべきだ。

2012年1月23日 (月)

TV番組の活用

「中高年のためのデジカメ活用・・・」を録画しといてよく見るんですが、結構役に立つんですよね。
てのは、番組の中で、画像処理のソフトとかの無料で利用できるソフト何かを何気に紹介されてるんです。
今年の年賀はがきは番組から得られたソフトを使ってつくりました。

妹が、携帯からいわゆるスマホに変えました。

昨日、夜勤の彼女を送って行った時に「家に置き忘れてきたから充電器から外しておいてくれ」と言われたんです。
あいよ、とばかり家に着くなり充電器から外したんですが・・・( ‥) ン?

ピカッ!とが点いたんです。

「スマホって電池がすぐなくなる」て言う話を聞かされていたんで、「止めなくっちゃ!」と思い画面上でそのアイコンを探した。
クルクルと画面はよく動くけど、それらしき奴が見当たらない。
メガネをかけてみたら何のことはない全然別のところにスウィッチ・マークがあった。
スマホの肩の部分だから当たり前っちゃ~当たり前のところ。
画面上を探してた自分が可笑しくなった。

いま「中高年の・・・」はスマホをやってる。
渡辺正行と奈美悦子が生徒だ。
おいらも入っちゃおうかな。(⌒▽⌒)アハハ!

2011年12月12日 (月)

水中から見る雨

釣りの最中に雨に降られることがある。
そんな時に、魚って雨をどう感じてるのか、釣りに影響は?なんて思ったりすることがある。その疑問は子供のころからずっと変わらず続いている。

写真家の市橋織江さんが出演された番組でのこと、雨になってある水族館に入ることになった。
頭の上を悠々と泳いでいる魚を見ていた時、「あッ、雨が見える」と市橋さんが言った。カメラが視線を追って魚たちが泳いでいる先の水面をとらえた。

ポツリポツリと雨が落ちていて水の紋様が広がっていく様子が映っていた。
それは地上から見るのと同じようだった。

魚たちの様子もこれといって変わった動きはなく、極々当たり前といった風体であった。
雨を、「川面に落ちた虫と勘違いしたように動いてくれれば」な~んて勝手な思惑もくずれた。

土砂降りのような強い雨ツブでも同じなんだろうな。

長崎・九十九島の美しい景色も心地よく、癒されたひと時であった。

2011年12月 8日 (木)

極上五目釣り

先週の「釣り!ロマンを求めて」は熊本の天草が舞台。

驚いたのは上がった魚の種類。
①ヒラメ ②真鯛 ③マトウダイ ④鬼カサゴ ⑤赤ヤガラ ⑥キジハタ ⑦アオハタ ⑧カサゴ ⑨イラ
と、⑨は別としても、どれもこれも料亭行き並の品だった。
釣りのねらいなど番組の性質にもよるけど、こういう釣果はめずらしい。本当にびっくりした。
釣り師は哲ちゃんこと高橋哲也さんと長濱イリアちゃん。
哲ちゃんは三宅出身?の大物釣り師で明るく解説が明快だ。
イリアちゃんは明るくて出るといつも応援したくなっちゃう娘だ。

釣りドルでは、テレ球に出てる「みっちい(石崎理絵)」も面白くて好きだ。
二人とも兎にも角にもメゲナイのがE。

天草名物というバンドウイルカの群れも現れたりして良い尾ヒレがついた。

2011年7月27日 (水)

BD

TEL<トゥルルルル!└(¨;)≡ 電話!! 

「○○電気ですが~~」
「(ノ´▽`)ノオオオオッ♪届いたってか?

我が家で2台目のBDです。
1TB、容量たっぷりだから妹にピッタシだ。
一応3D対応のブルーレイっすがTVは非対応っす。

早速取りに行きセッティング。
と行きたかったが夜勤明けの妹がソファーで( u _ u ) クゥゥゥ。o◯
がたがたやって起すのも可愛そうなんで取りあえずおいらの枕とにセットしてみた。
それなりの画が出てきた。
@でリビングのソニー製BDをおいらの枕元に持ってくる予定だ。

WOWOWに3台目の料金を問い合わせた。

(≧◇≦)エーーー!!3台目は1台目の2400円台に戻るんだと。
で、4台目でまた940円台になるんだと。
いわゆる2台毎のセット料金システムなんだそうだ。

そんなのってフツーじゃネエよなあ。

録画したい時はB-CASカードの入れ替えろってか?
(´Д`) =3 ハゥー 面倒癖えなあ:D)| ̄|_ガックシ

2011年5月 8日 (日)

今日の楽しみ

[マニー・パッキャオ VS  シェーン・モズリー戦]

6階級制覇のパッキャオとかって3階級制覇をやったモズリーとの一戦は見逃せない。
勢いのパッキャオ、年齢的には大ベテランの域に入ったモズリー。

大方はパッキャオ有利と見られているが、どちらも早さとパンチ力には定評があり先に当てた方が勝ちと言う結果にもなりかねない。

楽しみだ~!! (((o(^。^")o)))ワクワク

[NHKマイルカップ]
名スプリンターだったサクラバクシンオーを父に持つグランプリボスは父の弔い合戦となる。
今日は負けられまい。