旅行・地域

2023年10月24日 (火)

現存12天守登城達成

今回の出雲方面への旅行で、松江城、備中松山城を極めたことで、日本中に現存する12のお城の天守への登城を達成することとなった‼️(^_^)v。

[現存12天守]

弘前城、松本城、犬山城、丸岡城、姫路城、松江城、備中松山城、彦根城、伊予松山城、丸亀城、宇和島城、高知城、以上の12の天守に登りました‼️(^_^)v

P1070421松江城主:強将 堀尾吉晴公、松江城、備中松山城と松山猫主の三十郎をアップしてみました。

P1070423P1070427 P1070499P1070521P1070503

2023年7月10日 (月)

四国周遊へ(1日目)

13時過ぎに家を出て青梅特快で神田まで行き、京浜東北線で浜松町へ。そこからはモノレールで第三ターミナル駅で下車。 
そこからは空路になる。
大分昔に兄弟たちに北海道へ連れて行ってもらって以来の飛行機である。
実はこいつをあんまり好きでなくて、地に足がついていないってのが気に入らないのだ。
日航の登場窓口では乗り慣れている娘の言う通りに動いて無事に通過。

雲の中とか雲の上とかを飛んでいて下はほとんど見えない。
たまにガタガタっと揺れたぐらいで、雑誌に目をやっているうちに1時間ちょっとで徳島上空に到達し、無事「徳島よさこい空港」へ降り立った。

そこからはタクシーに乗り、鳴門市のシティーホテルへ。

一段落してからホテルの向かい側にあった小料理屋へ入りまずはビールで乾杯。
翌日以降には皿鉢料理やタイ飯が待ってるからと、それらに類したものを外して頼んだが、何か、てんぷらやら油物ばかりになってしまった。
ホテルの宿泊客ということで一割引きに。

結構おいしくて、満足して宿へ戻った。

2023年6月30日 (金)

四国周遊

娘が四国へ行ったら、まずはお城と渦潮だと。
渦潮の発生時間や出船時間を調べたら、朝の9時半だというんで、もったいないけど前日の夕方の飛行機を予約し、翌朝の渦潮に備えることにした。
ということで【一日目】は1時過ぎに家を出て羽田空港へ向かい、16時前の飛行機で徳島のよさこい空港へ。そこからタクシーで鳴門市内のシティーホテルへ。夕方は近くの飲み屋を見つけて外食することにした。
【二日目】は、「渦潮」を見たあとレンタカーを借りて「丸亀城」に向かう。昼食にうどんを食ってから祖谷に向かい「かずら橋」「小便小僧」などを見てかずら橋の旅館に泊まることにした。
【三日目】は、まず「高知城」を見てから「梼原」へ向かい、「高原のカルスト」を目指すことに。それから梼原町内で「建築家の隈研吾氏が手掛けた町立図書館やコミュニティーセンターを見学」し、四万十川に沿って足摺岬へ向かい、岬近くのホテルに泊まる予定。
【四日目】は、「足摺岬の灯台」へゆき、そこから「宇和島城」や「大洲城」を経て、海沿いの駅で有名な「下灘駅」へ寄ってから松山市内の旅館で宿泊の予定だ。
【五日目】は坊ちゃん空港からの出発時間が16時ごろなので、チェックアウト前に「道後温泉の建物や時計塔」を見てから旅館を出て「松山城」へ。そして丸亀城や宇和島城と同じ藤堂高虎の「今治城」へ寄り、「今治タオル美術館」を最後に空港へ向かい、レンタカーを返し、坊ちゃん空港を後に一路羽田へ。羽田からはバスで立川まで来て、青梅線で我が家へ。

 

と、まあこんな具合である。

2023年6月25日 (日)

四国へ行ってくるよ

娘がね、おごってくれるってんで四国へ行くことになった。

カミさんが健在だったころは、花見の時期になると、お城見物を兼ねて出かけたものだった。
本州は、青森の弘前城から山口の岩国城まで30以上のお城を車で走り回ったものでした。

「次は四国がいいね」って言ってたんですが、大変な大雨で四国中が被害にあってしまい、その中を見て回るのは気が引けるということで災害の復興を待っていたものでした。
そうしているうちカミさんに異変が起きて。花見どころではなくなってしまった。

今回は、遺影を伴っての旅立ちです。

丸亀、宇和島、今治など藤堂高虎の城を中心に、高知、松山、松江、大洲などの城を目線に、祖谷のかずら橋や梼原、渦潮なんかを見物してくるつもりです。
台風娘と一緒だから、天気には恵まれそうもありませんが、幸い、今のところ台風の情報はないので、「その辺で良しとしなければ」と思いながらの旅たちになりそうです。

どんな珍道中になるやら、楽しみです。

 

2023年3月27日 (月)

美ヶ原高原へ

祥月命日も過ぎないのに、一寸不謹慎かとも思ったが、一年祭も無事に終わったので、かねてか娘が予約をしてくれていたので出かけることにした。

美ヶ原高原は今回で10回目となるが、出来れば三人揃って来たかった。

松本駅で降りてからバスの出発時間まで余裕があったので歩いて松本城へ行ってきた。
美ヶ原へ着いてからは、残念ながら雨と霧で何も見えず外出できなかった。

食事の時、食卓に妻の写真を置いていたら、ホテルの方がその写真の前に前菜を使った陰膳をしつらえてくれた。
朝も別の方がやってくれた。

その何気ない心配りに救われた今回の旅であった。

Dsc_03183_20230327140001

Dsc_03252Dsc_0328

2022年8月30日 (火)

大洗海岸へ

 

お墓が田舎になくなったことで、これから先、茨城へ来ることも少なくなることは確実である。

そこで、昔からなじみの深かった大洗海岸へ宿をとり一泊することになった。
両親にとっては最後の大洗海岸への旅となることは必至で、必ず喜んでもらえるはずとの思いがあり、遺骨を車に積んでの旅となった。

 

コロナ禍で閑散としているかと思いきや、さすがに茨城の名所だけあって、大洗神社や海岸線には大勢の人でにぎわっていた。

当日は相変わらずの曇天であったが、翌日は快晴となり、朝日の中に両親の笑顔が見えたような気がした。

Dsc_0219

 

Dsc_0232Dsc_0212Dsc_0192

2020年7月 7日 (火)

久しぶり2

コロナの影響で様子見に中断していた”ゆうゆうくらぶ”の事業のうち一部を再開した。

完全な終息ではないので躊躇しながら「麻雀クラブ」に参加した。
多少遅れてゆくと3人しかいない卓が一か所あったのでそこへ入って打った。

久しぶりのことで、うち回しの途中「これは間違いだな」などの失敗が何回かあったけど、それなりに楽しんでやってきた。

2019年11月26日 (火)

大失態

大江戸温泉那須塩原「かもしか荘」へ11月24・25日の両日、兄弟夫婦5組で行ってきた。

一日目は夕食後一つの部屋に集合し、夜中の11時ごろまでワイワイがやがやと盛り上がった。
二日目は宿の周辺で紅葉狩りをした後「もみじ谷大つり橋」の渡りに挑戦し、千本木牧場昼食をとったあと解散した。
両日とも天気はまあまあで、とても楽しく過ごした。

とても楽しい旅行だったで締めたかったのだが、なんとなんとカメラを忘れる大失態をやらかしてしまった。
兄弟たちは全員スマホなので画素的には何の問題もなし。
集合写真はめいめいの携帯で撮りあったけど、おいらのはガラケー。

写真を撮ってくれた宿の職員に渡すのも一瞬ためらった。
普段はガラケーをむしろ誇らしげにしていたのだが、この時ばかりは出来上がりの写真のことが気になり何とも自分の楽しみの分を台無しにしてしまった。
それでも、ガラケーを渡された職員さんがこともなげにカシャッ!っとシャッターを押してくれたのが救いだった。

 

2019年6月19日 (水)

珍しい光景

ウォーキングの途中、フォークリフトの講習会?に出会った。
会社の敷地内でやっていたので多分、講習とか研修会ではなかったかと思う。
みんな頑張って~~!!

Dscn0117 Dscn0116 Dscn0115 Dscn0114

2018年8月21日 (火)

今年の夏祭り

わがマンションの夏祭りも今年で38年目。
みんな年を取っちゃったから、熱射病は避けられそうもないし連日の猛暑が恐ろしかった。

ところが、まず前日の17日の金曜はすごい風が吹いた。
一度張ったテントが吹き飛ばされ、そのうちの一枚は管理事務所の屋根にまで飛ばされてしまった。
けが人がなかったのが幸いだった。
そんなこともあって、一部のテントは翌日、祭りの当日朝に張ることにした。
風があると、火が使えない。そうなると飯も炊けないし、我々の担当である、おでんもカレーも作れないことになる。

そして・・・。
さわやかな朝~~!!
なんとなんとこの奇跡かな(◎´∀`)ノ

これが18・19と二日続いてくれた。

おかげさんで、両日とも、おでん、カレーともども販売開始からい時間半で完売した。

しかし疲れたわc(>ω<)ゞ

より以前の記事一覧