病気ネタ・コロナ禍

2024年1月24日 (水)

いた~~い!!

2週間前ごろから前歯の下のほうの一本が痛み出していて、気にしながら食事をしていたのだが、ある晩、晩酌をやった後の夜中に急激な痛みが来た。
最初は以前にもらった痛み止めと抗生剤で済ませていた。というか済んでた。
日増しに痛みが進んできて先週から医者のお世話になっている。
先生はいい人なんだけど歯医者は嫌いだ。
行くたびに今日は何をやられるのかと心配しながらの通院だった。

今日は神経を抜くのかとか歯を抜くのかなどの通院だった。
が、最近になって痛みに変化が出てきて、応急処置的なものに変わりつつある。

「このままいってくれ」が現在の願いである。

@は、晩酌をやった後がどうなるかが決め手になる。

 

2023年11月14日 (火)

帯状疱疹ワクチン

娘の勧めもあって、今日「帯状疱疹のワクチン」を接種してきた。

先月医者へ行ったときに、近くのクリニックでこのワクチン接種をお願いしようとしたら、11月から市の補助が受けられるから、11月に入ったら電話で予約してくださいと言われていた。
そんでもって、ワクチンについての説明書をもらい今日に至ったわけである。

説明書によると、このワクチンには2種類あるらしい。
マジで説明すると難しくなるので、俺流で行くと「5年もの」と「10年もの」があるとのこと。

「5年もの」は費用が6000円で、一回の接種でよく、「10年もの」は20000円で2回に分けて接種するらしい。
自分は「5年もの」を選択して、市の補助を得て5000円でやってもらってきた。

注射を打つ場所はインフルエンザと同じく、手の肘のちょっと上あたり。
痛さはインフルエンザ、コロナなどと同じ程度。
ただし「10年もの」は筋肉注射になるので、打つ場所も痛さもちょっと違うようだ。
晩酌は深酒しなければOKとのことで、この辺はコロナのときとは違ったのがうれしい。

医師は「これで一通り予防接種はうち終わりましたね」と。

ということで今回のスレはこの辺で終わりにします。

 

2022年12月15日 (木)

定期健診

今日は2か月に一遍の検針日である。

この病院へ最初にお世話になったのが心臓が原因だったんで、主治医だった院長先生が定年退職したときに、一般の内科から心臓担当の医師へ移った。
一般の内科だと患者がわんさかいるので、予約で一番を取るのが難しかったが、こっちは少ないので早くに行けば1番か遅くても2番になれる。
待つのが嫌いな自分にはうってつけだ。

でも一時間前には行ってるんだけどね。
診察が始まった時にはすぐにやってもらえるといった保証があるから安心なのよ。
いつまで待てば・・・てのが嫌いなだけなの。

2022年11月15日 (火)

5回目のワクチン

期間が短縮になって5回目の接種に行ってきました。
今回はファイザー製でした。
ファイザー → ファイザー →モデルナ → モデルナ ときて、またファイザーに戻りました。

今回も接種してもらったあたりが少し痛んだ程度で終わりました。
2週間前に打った娘は熱を出してしまったようで、この状態は初回の接種から変わってないようだった。
看護師だけに翌日は休めないので、必ず休みの前日を希望して打ってもらっているようだった。

こういった痛みが、若い人たちの接種率の低下につながっているのでは?と余計な心配をしてしまった。

2022年8月10日 (水)

接種証明書

先月28日に受けた4回目のコロナワクチンの接種照明が取得できるはず。
そう思って不慣れなスマホを操ってサイトへ。
マイナンバーの暗証番号を入れた後にカードを読み込ませると、ピコんって感じで「4回目」の表示がでてきた。(^^♪

2022年7月29日 (金)

4回目のワクチン

昨日4回目となるコロナワクチンの接種を受けてきた。
前回と同じく、武田モデルナ製だった。
後遺症は、熱発はなく上腕の痛みだけのようだ。
すごい勢いで蔓延している新型の症状に効くのかどうかが少しばかり心配である。

2022年4月 4日 (月)

妻が逝きました

肺がんでした。
去年の今頃は元気でした。
ただ、咳が出ていて苦しそうにしているときがあり、それが2か月も続いており時々熱も出たりしていたのでいくつかの医療機関で診てもらいました。
毎年の肺がん検診はマイナスでした。

「誤嚥性肺炎ってこともあるんじゃないかな?」とは看護師である娘の診断。

自分が付き添って病院の内科にかかった。
レントゲンでは異常が認められないとのこと。
で、娘が言っていた病気の可能性について医師にきいてみた。
「熱と2~3か月続く咳」で医師がCTでの再診断をしてくれた。
結果、肺がんの可能性があるとのことで急遽呼吸器科の専門医のところへ移動。

「肺がんです。」と。
その時点で既に他の病院での入院措置の予約が済んでいるらしく紹介状を用意してくれた。

「タバコはやめてください」との注意にカミさんは「屋だ!」と一言。
医者も苦笑いしてました。

このスレを読んでくれた皆さんにご忠告です。
医者の診断に任せず賢くなってください。
肝心の病気を見逃すことになっては大変ですから。

いまさらですが・・・。

 

2021年7月16日 (金)

ワクチン接種(2回目)

14日の日に2回目のワクチンを打ってきた。
今回も痛みや発熱などの2次的症状はでなかった。
あとは抗体ができるのを待つばかりだが、とりあえずホッと一息といったところである。
┐(´д`)┌ヤレヤレ 

2021年6月24日 (木)

ワクチン接種一回目

昨日、市の指定した場所で一回目のコロナワクチンの接種を受けた。
会場へは車で行き、予定の15分前に到着。
予定時間になって一通りの事務手続きを終え、接種場所に案内される間もなくすぐに摂取となった。
その後、副作用確認のための待機場所に移り、大気終了時間のメモを渡され、約20分待機した。
待機時間が5分余計になったのは自分の判断できめた。
今日になって、熱が出たりとか、接種した側の腕が痛くなるなどの副作用は現れなかった。
ま、次の2回目がどうなるかだが…。

2021年6月 4日 (金)

コロナワクチン申し込み(その2)

今日6月4日は期敷くも私メの7X目の誕生日。

わが市の二回目となるワクチンの申し込み受付が始まった。
パソコンの時計に合わせ9時丁度にログインページを開き、画面から予約受付番号と生年月日を入力してログインし、希望の受付会場を選択して日にちの選択画面へと進む。
その時点で埋まっている日が何日かあった。都合の良い日を選んで、注射を受ける時間帯へと進むのだが、選んでいる間に「その時間帯は空きがありません」だと。
2回ほどその状態を経験し、思い切って2週間ほど間を空けて日にちを指定して見た。
それが功を奏してやっと予約を確定することができた。

次はカミさんの番だ。
6月はあきらめて7月に目標を定め、申し込んだら何とか滑り込むことができた。
「二人一緒に」との思惑は見事に否定された。
そんなこんなで何とか二人分の予約確定と相成った。┐(´д`)┌ヤレヤレ
 

より以前の記事一覧