« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月15日 (金)

明治神宮と第二力酒造と・・・。

 

娘の公園巡りに付き合う感じで出かけてきました。

実は先週、六義園と小石川後楽園へ行くことにしていたのだが、自分が寝ていたので娘が一人で行っちゃったんです。
で、やり直しということで、明治神宮と中野区にある哲学同公園へ行くことに。
またそのついでに今度建物を壊すことになった中野サンプラザと私の現役当時の勤務場所へ行ってみました。
さらにさらに、今回の大本命というべき"第二力酒造”でたっぷりと楽しんできました。
午前中から昼飯抜きで歩きとおしたので腹はペコペコのどはカラカラ。
午後2時の開店と同時に「いらっしゃいませ~」って感じで入店。
中野に勤務していたころから何回となく通ったし、退職後も家族で行ったりしていたので、娘ともども店長と顔見知りになってる。
なので、行くと必ず一階の良い席へ案内してくれるなど気を使ってくれます。
娘と二人で4人席へ陣取り、のど湿しに生中をひっかけ、そのあとは吉四六をボトルで。
つまみはお決まりのお豆腐の煮つけと刺身の盛り合わせ、そのあとはフグの白子やカサゴのから揚げ、メバルの煮つけなど結構値の張るやつをいただきながら、店長のクロちゃんも年相応に頭の前のほうが寂しくなっていてそのことを冷かしたり、ここの常連さんだった藤子不二雄さんの偲んで張ってある漫画を見ながら、吉四六を空にして帰ってきました。
すきっ腹だっただけに結構いい気持になった。

Dsc_06292Dsc_0635Horizon_0001_burst20231214134155448_cove

2023年12月 5日 (火)

朝靄

 

我が家の目の前に八王子の丘陵地帯がある。

今朝、ラジオ体操をするためにベランダに出てみたら、丘陵のすぐ手前にうっすらと朝靄がかかっていた、

 

最初は右側の建物付近に現れたと思ったら、見てるまに一筋の線となって伸びていった。
靄の下あたりには多摩川が流れている。

どうやら、その多摩川が靄を作り出している要因のようだ。

Dsc_06072Dsc_06083

2023年12月 4日 (月)

夕景

この時期は富士山のすぐ西側まで太陽が近づいてくる。

しかし、残念ながら、富士の真後ろに沈むということはない。
冬至を境に、また富士山から去ってゆくのだ。

そのため我が家のベランダでダイヤモンド富士を写すことはできないのである。
撮りたければ東へ5~6キロ移動しなければならない。

以前、撮りに行ったことがある
そこは多摩川の堤防で、2~300メートルおきにカメラを持った人たちの集団ができていた。
私は一番東側の集団の端っこに陣取ってカメラを構えた。
あまり気に入った写真にはならなかったが、日を改めて行く気持ちにはならなかった。

「でもいいじゃないか、この景色があれば」と思いながら暮れ行く景色を眺めています。

Dsc_0606

2023年12月 2日 (土)

イクイノックス引退!

天皇賞での驚異的なレコード、ジャパンカップ2400mでは早い流れの中で先行し見事な勝ちにつなげた。
そのことを考えると厩舎サイドから伝えられている「疲れが残っており、有馬記念までに疲れは取れそうもない」といったことから引退をとなったのも頷けないでもない。

一ファンとしては寂しいけれど、将来を考えれば楽しみでもある。
再来年あたりはオークションの話題を独占しそうだ。
大いに期待したい。

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »