« この冬一番の寒さ? | トップページ | わが家のGAGA姫ハワイ公演? »

2011年12月12日 (月)

水中から見る雨

釣りの最中に雨に降られることがある。
そんな時に、魚って雨をどう感じてるのか、釣りに影響は?なんて思ったりすることがある。その疑問は子供のころからずっと変わらず続いている。

写真家の市橋織江さんが出演された番組でのこと、雨になってある水族館に入ることになった。
頭の上を悠々と泳いでいる魚を見ていた時、「あッ、雨が見える」と市橋さんが言った。カメラが視線を追って魚たちが泳いでいる先の水面をとらえた。

ポツリポツリと雨が落ちていて水の紋様が広がっていく様子が映っていた。
それは地上から見るのと同じようだった。

魚たちの様子もこれといって変わった動きはなく、極々当たり前といった風体であった。
雨を、「川面に落ちた虫と勘違いしたように動いてくれれば」な~んて勝手な思惑もくずれた。

土砂降りのような強い雨ツブでも同じなんだろうな。

長崎・九十九島の美しい景色も心地よく、癒されたひと時であった。

« この冬一番の寒さ? | トップページ | わが家のGAGA姫ハワイ公演? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水中から見る雨:

« この冬一番の寒さ? | トップページ | わが家のGAGA姫ハワイ公演? »