« 婚活!? | トップページ | STAND BY ME »

2010年12月 9日 (木)

陽はまた昇る

「日はまた昇る」はロストゼネレーション時代のやるせない生活の様を描いたヘミングウェイの小説だ。

「陽はまた昇る」は西田敏行主演の映画だ。
先日のWOWOWで渡辺謙の特集として「沈まぬ太陽」などと一緒にこの映画が上映された。

「ミスターVHS」といわれた日本ビクターの高野鎮雄さんをモデルにした映画ということで興味を持った。
我が家にあったのはソニーのベータマックスだったが、親父からVTRを買う時にどっちの方式を選ぶかで相当迷ったという話を聞いていたからである。

親父によればVHSはシャープに見えたという。
ベータは映像が柔らかくて温かみを感じたのと、当時世界シェアで有数の電機メーカー「フィリップス社」がベータ方式を選んだというのが決め手らしかった。
フィリップス社の電気カミソリがあったけど、それとの関係は定かでない^^;

寅さんシリーズや妹用のとなりのトトロなどはベータで残されていたので自分がVHSを買うときも随分と悩んだ。
修理に出した時「部品が海外から取り寄せないとない」いわれ、一方AVACへ行くと中古のベータが売っていた。いざという時はそいつを買っちゃおうと当時は現役だったんで結構強気だったからVHSに決めた。

そのうちにWOWOWを見るようになって妹の視線も和らいできた。同時にベータが動かなくなった。
テープはなかなか捨てきれず処分したのは去年になってからだった。

DVDの時代になり我が家にも2台ほどある。
3台のVHSも使われる回数が少ないだけでまだまだ元気だ。

デジタルが本格化し3D時代へと移りつつある。

ロスト・ゼネレーションは日本の就職氷河期の別称とも言われるらしいが、それを論ずるにはチト勉強不足というか能力的にムリ(´・ω・`)

とりあえず我が家は流されてるというか流れているというか動いていることは事実だし、まあ何とかなるっしょ(~-~;)ヾ(-_-;) オイオイ...

« 婚活!? | トップページ | STAND BY ME »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽はまた昇る:

« 婚活!? | トップページ | STAND BY ME »