« 屋久島ピンチ・・・!? | トップページ | マイケルの死 »

2009年6月23日 (火)

見てきたぞ「劔岳 点の記」

前人未到の山「劔岳」に挑む男たち。その使命は国策とともに”日本山岳会にだけは負けるな”という陸軍の威信?が課せられている。
しかし峻険な岩肌は名案内人の宇治長次郎をもってしても登頂の足がかりが見つけられない。
ある日吹雪を予感した長次郎は岩穴にいた修験者を助ける。その修験者が言った謎めいた言葉「雪を背にして登り、雪を背にして下る」に気づいた長次郎が山岳会よりも早くついに登頂を成功に導いた。

が、その初登頂には意外な結末がまっていた。

今回の「劔岳」はキャメラマン出身の木村大作氏が監督。
劔岳の山容を測量点の設置になぞらえていろんな角度から惜しげもなく見せてくれている。
おいらは劔岳合宿では雨に見舞われてしまったし、病の発症で山岳部最後のものとなっただけに映画の最後には迂闊にも(ノд・。)ほろっとなってしまった。

立山の室堂までは車で行けるし天狗平や室堂乗越(のっこし)、劔御前あたりのビューポイントまではトレッキングで意外と簡単に行けるので劔岳には登らないまでもぜひもう一回行ってみたいと思った。

« 屋久島ピンチ・・・!? | トップページ | マイケルの死 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

一度だけ雪山を登ったことがありますが
想像以上に体力を奪われていきました

もう2度と登りたくない
と思ったほどです

雪山の遭難とか
考えただけで ッゾ とします

俺もDVD がでたらみてみます

夏山の雪渓でグリセードや尻セードなどの実戦や訓練はやりましたが冬山はやったことはありません。
クレバスやセッピなど夏山でも怖いところを見てますからそれが隠れてる雪山なんかとても恐ろしくて^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見てきたぞ「劔岳 点の記」:

« 屋久島ピンチ・・・!? | トップページ | マイケルの死 »