« PCこわれたかな? | トップページ | 手術が2回も><; »

2008年11月 2日 (日)

デリ菓子・・・!?

52508母ちゃんにPCとられてネトゲできないのでDVD借りてきた。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

一平:ヾ(゜、゜*)ネェネェ、デリカシーってしってる?
純一郎:;;;;(;・・)ゞウーン アメリカのお菓子のことじゃないの。
いつもの三丁目の情景から始まった。
劇中の小説家茶川は金持ちの息子純一郎を自分で育てるため一念発起で再挑戦した。しかし、芥川賞は最終選考ノミネートで町内は大いに盛り上がったが、それ以上には進まなかった。
いよいよ別れの時、奇跡が・・・?
キター!━━━(・∀・)━━━ ⑮-②ちがっ!茶川の心の恋人が戻ってきたのだ(^^♪
純一郎の父は引き取るのをあきらめて帰っていった。
三人での生活がスタートした瞬間だ。

今回も下町の人情とともにさまざまな出会いと別れが描かれていた。

そして夕日の場面が!!

鈴木オート一家は念願の東京タワーに昇った。
展望台から見た夕日を見て小学生の一平が「今日の夕日は目にしみるねえ」って。
家に預けられていた親戚の女の子が父親に引き取られていった。その寂しさをあらわしたのかな?
確か前作では「きれいだね」って言った家族の一言を受けて「当たり前だよ。夕日は10年先だって50年先だってきれいなままだよ」って言ってたかと^^

一方、茶川家?の三人はある橋の上から夕日を見ていた。
誰からともなく「きれいだね」って。
これを受けて純一郎が「僕なんでだか知ってるよ」「三人で見てるからだよって」。

エンディングの曲に何故かジョン・レノンのイマジンが重なって聞こえてきた。
みなそれぞれに夢がある。どんな形かは・・・・。

私も港区夕日町三丁目に住民登録している。その住民として夢を持って生きて行きたい^^

さて肝心の“デリカシー”だけど。
私にも良くわからないけど自分自身はデリカシーのないやつの一人じゃないかなとは感じている。
勝手なことを言い自慢ばっかりしたがる自分。
会社を辞めてから周りには限られた人間しかいないし、ここでしか意思表示ができないような環境、その他思いつくことは多い。

もともと言葉遣いが下手なほうだから、表情もうかがうことができずそのことでの別れは覚悟するよりしょうがないと思ってる。また、傷つけてしまった方々にはお詫びをしなければならないだろう。

私には仕事の上でも遊びの上でもプロからアマチュアまで素晴らしい人たちがいる。だから普通の人たちよりもより早くより深く覚えることができた。
これからも出会いを大切にしいろんなことを教わりながら、自分が知ってることで役立つと思うことは限りのことは伝えてあげたいと思う。

文章って難しいなあ、なかなかまとまんないやΣ(´□`;)ハゥ

« PCこわれたかな? | トップページ | 手術が2回も><; »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

現在は故郷を離れて、単身屋久島に住んでいますが
どこで見ても夕日は同じに思います。
地球と言う家に住んでいるなら、どこかしら繋がっている と思ってきました。

本当にデリカシーが無い人間は

「デリカシーのないやつの一人じゃないかなとは感じている。」

などとは言いませんよ♪

プリリンさんは人の痛みを知り、信念を持っている人ですよ
少なくとも 俺はそう思ってますし、変わることもないです。

人間は 常に 発展途上にないと進歩しないですしw


で・・・天皇賞はとったので・・・?

いや~まれに見る良いレースでしたね~^^
見とれていてはずしました≧(´▽`)≦アハハハ
4・5着のやつが2・3着にくればワイドってやつがあったんですがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デリ菓子・・・!?:

« PCこわれたかな? | トップページ | 手術が2回も><; »