« MEGAMAC!! | トップページ | 今年のバレンタインデー! »

2007年2月 2日 (金)

壬生義士伝

ゲームを終えて一杯やりながらTVを点けたときには物語は始まっていた。

家族を愛し守るため南部藩を脱藩して新撰組に身を投じ人を切った。時代の流れの中に自分の信念を貫いた男「吉村貫一郎」の姿が描かれていた。
くどくなりそうだから論評は避ける。

だけどおいらは子供にはよわいな^^;
脱藩して出てゆこうとする吉村に幼子が「とと(父)、とと(父)」って。さらに吉村の死後その息子が父の遺志を継ぐといって函館五稜郭へ死の旅に出る。大きくなったあの幼子が「兄サマーいかねえでくれー」・・・・。
水割りがちょーっとだけしょっぱくなったような気がした(;O;)

過って私は坂本竜馬が脱藩したという高知の梼原に仕事で行ったことがある。

吉村貫一郎と坂本竜馬。彼らは今の世をどうみているのだろうか?
いまならすくなくとも死せずしてたたかえるはず。

« MEGAMAC!! | トップページ | 今年のバレンタインデー! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

俺も以前見たことありますよ^^
幕末の人々は自分の信念を持って生きていたのが、良くわかりました。

俺の故郷では 「葉隠れ」 と言う武士道を書いた書物が有名ですが、その一説に

「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」

奥が深い言葉です・・・ね

ふむ、なるほど。常に矢面に立つ勇気・心意気は学びたいですね。いつも雲隠れでは話になりませんね^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壬生義士伝:

« MEGAMAC!! | トップページ | 今年のバレンタインデー! »